2018年度 西条商工会議所青年部会長ブログ

第37代会長の加藤正法です。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

稲見のツッコミ

世の中には男と女がいて、雄と雌がいて、man

&womanがいて…、全部一緒か(^◇^;)

 

漫才にはボケとツッコミが存在します。

ボケは間違いや勘違いなどを織り込んで笑いを誘う

所作を行なったり冗談などを主に言う役割で、

ツッコミはボケの間違いを素早く指摘し、笑いどこ

ろを観客に提示する役割を担っています。

 

ウィキペディアに書いていました^^;

 

昨日は第8回役員会が開催されました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725084749j:image

タイのお土産のドリアンの飴の匂いがハンパなかっ

た訳ですが、この時期の役員会は報告事項も委員会

事業の議案も多く上がり、議論も白熱して、終了時

間も当然押してきます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725085200j:image
f:id:masanori-kato1972:20180725085155j:image

f:id:masanori-kato1972:20180725085204j:image

今年度の「私たちは仲間を信じ、西条を愛し、西条

を想って行動する。」のスローガンに、その議案の

趣旨目的、方向性が合致しているかどうか。

役員メンバーの厳しい視点で意見が飛び交います。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725085814j:image

自分の議案説明の順番の前にこそっと作戦会議など

もします。もし議案の間違いを発見した場合、先に

口頭で訂正しておくと、1つ指摘事項が減り、会議

時間の短縮に繋がるからです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725090245j:image

稲見監事に監事総評で、「これだけ報告事項や議案

が多かったにもかかわらず、終了時間がほとんどオー

バーしなかったのは、加藤会長のスムーズな進行に

よるもので良かったと思います」とお褒めの言葉を

いただきました。

 

しかし、こうストレートに褒められたままでは、

私のボケとしてのキャラが埋没してしまいます。

そう、ボケはツッコまれてナンボです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725091519j:image

少し不気味だったので、懇親会では6コも歳下の彼に

ツッコまれ要素満載のパスを出しまくりました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725091419j:image

隣に座っていた稲見君の1コ歳上の津島委員長が

代わりにツッコまれていました。オイシイ。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725091723j:image
f:id:masanori-kato1972:20180725091718j:image

毎月、こうやって懇親会でアホなやり取りをしなが

ら、役員同士の結束を高め合ってます。

こういうとこが西条YEGのステキなところです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725090706j:image

コイツの眼光とツッコミが鋭ければ鋭いほど、私も

西条YEGも活きてきます。そういうとこ大事。

 

f:id:masanori-kato1972:20180725092059j:image

これからも、そこら辺を忖度した上で、西条YEGに

明るさと活気を与え続けてください。