2018年度 西条商工会議所青年部会長ブログ

第37代会長の加藤正法です。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

その目線の先に

f:id:masanori-kato1972:20180912084037j:image

サッカー日本代表森保ジャパンの初戦、コスタリカ

戦。流れるような連携から効果的な時間帯にゴール

が生まれ、幸先の良いスタートとなりましたね(^^)

 

f:id:masanori-kato1972:20180912084134j:image

f:id:masanori-kato1972:20180912084145j:image

そもそもロシアW杯に出てもおかしくなかった、海

外で結果を出している中島や堂安など若い世代が躍

動し、世代交代の息吹が感じられる試合でした。

 

が、この試合リアルタイムで見れず、今朝YouTube

見ました。昨日の同時間帯、西条YEG特別室に出席

し、重要な案件について話し合っていました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180912092725j:image

2021年度の四国ブロック代表理事選考と四国ブロッ

ク大会西条大会の話や、OB連絡協議会についてなど

西条YEGの未来に繋がる少し重たい話でした。

 

f:id:masanori-kato1972:20180912085328j:image

この難しい舵取りを任せられているのが特別室室長

玉井晋一君。役員経験も豊富で、物事を決定してい

くスキームを熟知した頼れる存在です。


f:id:masanori-kato1972:20180912085145j:image

f:id:masanori-kato1972:20180912085855j:image

経験に基づいた個性的な委員会運営で、メンバーの

出席率が高く、流石だなと思いました。

 

私も10年前のYEG超スリーピング時代、玉ちゃんの

委員会に所属し、あの手この手でモチベーションを

引き上げられた1人です(^^)

 

さて、四国ブロック代表理事選考については、10月

30日の臨時総会で承認をもらう事を目標に動いて

おり、いよいよ単会として決断する時がきました。

 

候補者を選出し、それに付随する日本YEG出向者や

四国ブロック大会の主管についてなど、3年後の話で

すが、今から動き出さないと間に合いません。

 

西条YEGの未来予想図はメンバーそれぞれの決断に

より、確実に色濃く描かれつつあります。

 

f:id:masanori-kato1972:20180912091831j:image

すでにベクトルは同じ方向を向いているようです。