カトーのオモロいブログ

カトちゃんです。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

勝負の花道

滝の宮カントリークラブではクラブ選手権が10月3日

予選、10日に決勝が行われ、その年のクラブ最強の

男が選ばれる。

 

クラブ選手権(通称クラチャン)は完全スクラッチ

プレー。

 

本当にガチに上手い勇者がその称号を冠する。

 

ティー台は普段の白ティーの後ろの青ティーのさら

に後ろのフルバックティー

 

f:id:masanori-kato1972:20210923192545j:image

赤石の8番ショートは190ヤードの谷越えで打ち下ろ

し。

 

しかもプレ3、プレ4などの救済措置は一切使えず、

谷にinするとエンドレスに打ち続けなければならな

い。

 

そこが1番怖い。

 

今日は、クラチャンに出場予定の先輩3名の練習ラウ

ンドにお付き合いさせていただいた。

 

フルバックで回る場合、競技などに出るシングルさ

んが事前にフロントに申告しお許しを得て、カート

には赤い旗が刺される

 

心臓バクバクで赤石からスタートしたが、アプロー

チとパターが絶好調でハーフ終わって42。

 

ティー以上でのハーフベストが出てしまった。

 

 

 

キタんか?俺。

 

頂の向こう側に到達したんか?

 

 

後半の別子の1番で天ぷらからの素トリを打って、

その戯けた妄想も速攻打ち砕かれた。

 

その後はエンドレスOB地獄。

 

フルバックからだと、ティーショットをミスした後

のセカンド、サードが著しく距離が残るため、セカ

ンド以降のOBが出まくる。

 

もうどうにも止まらない。

 

f:id:masanori-kato1972:20210923200453j:image

そう、うっかり乗ってしまい、かれこれ20年以上ト

ロッコで回り続けてた、ドラクエ5プサンの如く。

 

結局、別子は56。

 

その後1.5ラウンド目の石鎚を回り、そこでもセカン

ドOBに苦しめられ51。

 

頂はまだ遠い。

 

ただ何が足りないかが明確になった気がする。

 

いつか追いついて見せます!先輩!