カトーのオモロいブログ

カトちゃんです。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

First Love

今日は敬老の日です。

 

私が住む上神拝自治会でも、75歳以上のお年寄りに

敬老の日のプレゼントを渡しています。

 

今年は上神拝東上組の組長が当たってあるので、プ

レゼントの果物を組内のお年寄りに配布しました。

 

20軒くらいある組内にも対象者が意外と多くいて、

高齢化の波が進みつつあるなと実感します。

 

いずれは自分たちにも訪れる高齢化。

 

どのような歳の取り方をするか。

 

家族や気の置けない仲間と笑い話ができる。

 

そんな思い出をたくさん作っていきたい。

 

そう思っています。

 

f:id:masanori-kato1972:20190916203817j:image

てな訳で、息子よ、教習所卒業おめでとう!

大空と大地の中で

f:id:masanori-kato1972:20190915180931j:image

洗濯ミス。。。

 

じゃなくて「選択ミス」。

 

「あっ、しもた!そっちやった!」

 

気付いた時にはあとの祭り。

 

時は戻せない。

 

毎回反省、検証し、次回に活かし続ければ、

 

その「選択ミス」を限りなくゼロに出来るはず。

 

ならないんです。

 

同じ選択ミスをしてしまうんです。

 

上手い事、角度を変えて、時期をずらして。

 

忘れた頃に「あっ!」って言ってしまう。

 

だけど、

 

f:id:masanori-kato1972:20190915183522j:image

 

ですよね!安西先生

うれしい!たのしい!大好き!

f:id:masanori-kato1972:20190914170608j:image

おやつは300円まで!

 

小学校の頃、遠足のおやつに金額制限があった。

 

遠足には当然弁当を持って行くため、おやつが絶対

必要な訳ではないが、友達とワイワイはしゃぎつつ

バスの中や昼食後に食べるおやつが格別なのだ。

 

300円の範囲内でいかに豪華に、且つ、自分好みを

友達に自慢できるチョイスが出来るか。

 

バナナはおやつに入りません。

 

弁当のデザート扱い?

 

結局、駄菓子屋が安くて、よりバラエティーに富み

よりボリューミーなおやつを揃える事が出来る。

 

駄菓子屋で悩みに悩んでようやく選んだ至極の品。

 

あとは、遠足で友達とハジけるだけや。。。

 

 

 

まさしく今、そんな心境です。。。

Maybe Blue

f:id:masanori-kato1972:20190913174929j:image

f:id:masanori-kato1972:20190913174933j:image

今日からYEG四国ブロック大会吉野川大会が始まり

ました。。。

 

早い時点で記憶が無くなりそうなので早めにブログ

をアップしておきます。

 

f:id:masanori-kato1972:20190913184907j:image

あっ、この2人が先に記憶なくしてる♡

Lady Blue

情けは人のためならず

 

情けは人のためにならんけん、安易にかけんほうが

ええよ。

 

って話ではなく、

 

情けは人のためにかけるけど、回り回って自分に返

ってくるんやで。

 

って事らしい。

 

義理人情という言葉に似ている。

 

義理は人情の上に位置する。

 

義理を果たして初めて人情が表れる。

 

何を優先するか。

 

自分のこれまでの行動が試される。

 

愛はいつも、大きすぎて上から降ってくるもの。

 

善意はボトムから湧いてくる熱意のようなもの。

 

今日もひとつ勉強になりました。

 

f:id:masanori-kato1972:20190912214130j:image

ZEN!!!

望郷酒場

f:id:masanori-kato1972:20190911194833j:image

今岡大地。

 

西条YEGで同じ釜の飯を食う仲間です。

 

数年前ゴルフを始めてメキメキと上達しています。

 

センスという言葉は彼の様な若者のためにあるのか

なと最近思ったりします。

 

f:id:masanori-kato1972:20190911195706j:image

あのマサシさんの血を引いていて流石です、

 

徐々に大地の存在感が大きくなり、いずれ必ず世代

交代の波が訪れる。

 

ただ越えるべき壁は越えたと思っても越えてなくて

だんだん、越えるというのを諦め、共存していくの

が心地よくなってきます。

 

親子で同じ仕事するってホンマいいですね。

 

何をその親子どちらとも仲良くさせてもらえる私

は、すごく幸せ者って事です^_^

愛はいつも

f:id:masanori-kato1972:20190910205435j:image

「愛」には様々なカタチがある。

 

家庭に対する愛。

 

仕事に対する愛。

 

故郷に対する愛。

 

パートナーや子供、両親、友達。

 

愛があれば全てが報われる。

 

昭和の時代の方が慎ましやかに愛を大切にしていた

気がする。

 

つみとってささげたら ひとに笑われそうな
私にできる全てをうけとって
ふるさとの両親が よこす手紙のような
ぎこちないぬくもりほど 泣きたくなる
きみはダンデライオン
本当の孤独を今まで知らないの

とても幸せな 淋しさを抱いて
これから歩けない
私はもうあなたなしで

 

ダンデライオン(遅咲きのたんぽぽ) 松任谷由実

 

 

南へ帰る船に遅れた
やせた水夫 ハーモニカを 吹き鳴らしてる
砂にまみれた 錆びた玩具に
やせた蝶々 密をさがし舞いおりている
握りこぶしの中にあるように見せた夢を
遠ざかる誰のために ふりかざせばいい

 

歌姫 スカートの裾を
歌姫 潮風になげて
夢も哀しみも欲望も 歌い流してくれ

 

「歌姫 中島みゆき

 

どちらも愛がある歌だが、背景と想う気持ちの

方向性が違う。

 

色んな愛があっていい。。。

 

って高校の時思っていた。

 

大人になると霞んで見える事もある。

 

だからこそ「愛」を大切にするべきだと思う。