2018年度 西条商工会議所青年部会長ブログ

第37代会長の加藤正法です。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

私はのび太くん

昨日は各地で小学校の運動会が開催されたみたい

ですね。最近は秋ではなく5月に運動会の小学校が

増えてきたみたいです。

6年生にとっては最後の運動会が早く終わってしまう

のは少し寂しい部分はあるでしょうが、春の運動会

も慣れればそれが普通になってくるんでしょうね。

 

私は子供が大きいので運動会も関係なく、昨日は

久しぶりに何の予定もなく、昼から少し仕事して

本屋でマンガを仕入れてスーパーでノンアル買って

休肝日と身体を休める1日になりました。

 

最近お気にのマンガで何度も読み返しているのが

f:id:masanori-kato1972:20180527212353j:image

社畜と少女の1800日」。ブラックなIT企業で働き

仕事が忙しく恋愛も結婚もする暇がなかった独身の

社畜にいきなり中学生の娘ができ、父性が目覚める

と言う、現代を風刺する内容と娘を持つ親には理解

できる部分が多い、私的にツボってる作品です(^^)

 

昨日発売されてて仕入れた新刊が、

f:id:masanori-kato1972:20180528090102j:plain

「銀行渉外担当竹中治夫 大阪編 3巻」。

1997年のバブル崩壊後の金融危機の真っ只中、

正義感の強い銀行マン竹中治夫が、信念を持って

巨悪に立ち向かう内容で、どこか懐かしさもあり、

また金融や経済について勉強にもなります。

 

さて、マンガを読んでて最近辛いのが、50cmくらい

離さないと小さい字が読めないこと。

ブログはすでに眼鏡を外して打ってます。

 

いわゆるこれは間違いなく老眼です。

 

f:id:masanori-kato1972:20180527214902j:image

安田のアニキもフェイスブックで、ハズキルーペを

購入したって言ってたし、、、

 

f:id:masanori-kato1972:20180527215624j:image

彼も最近遠近両用を購入したと言っていた。

 

2人が購入した西条のメガネ店と言えば、

 

f:id:masanori-kato1972:20180527212242j:image

西条紺屋町商店街「時計・宝飾・メガネのタカセ」

西条YEG第1副会長、われらが高瀬どんのお店です。

毎朝うちの会社の前をチャリで子供を保育園に

送っている子煩悩で優しい男です。

 

www.facebook.com

詳しくはFacebookページに「いいね!」をお願いします。

 

のび太君のように風呂と寝る時とあの時?以外は

メガネを外さない私の勝負メガネをいつも選んで

もらい、お世話になってます。

 

45歳、今まで老眼から目をそむけていましたが、

我慢の限界、いよいよ私も遠近両用デビューです。

高瀬どん、ヨロピコ。

広告を非表示にする

FIFAワールドカップ

2018FIFAワールドカップロシア大会がいよいよ

6月14日に開幕します。楽しみです。

われらが西条北中サッカー部の後輩、長友佑都選手

も選ばれて活躍する事でしょう(^^)

f:id:masanori-kato1972:20180527124428j:plain

 

4年に1度のワールドカップイヤーは私にとって

何かと記憶に残る出来事や思い出が多くあります。

 

ザックジャパンコートジボワールに逆転負けして

ズルズルと予選敗退した2014年ブラジル大会。

この年の8月31日記念すべき第1回STONE HAMMER

fesが開催されました。

トリの「春〜spring〜」感動しましたねー(^^)

 

急造の岡田ジャパンの2010年南アフリカ大会。

本田のフリーキック、シビれました。

この年は急遽西条小のPTA会長を拝命し、みんなに

助けられながら難しい舵取りに挑みました。

 

ジーコジャパンオーストリアに衝撃の逆転負けを

喫した2006年ドイツ大会。中村俊輔小野伸二

中田英寿稲本潤一と豪華な中盤でした。

新居浜出身の福西の活躍もよかったですね(^^)

この年、私が時々コーチをしてたFC水都の練習に

保育園児だった息子を連れていきサッカーを始めた

年で、それから中学卒業まで続けてくれました。

 

トルシエジャパンが稲本のゴールで初の決勝トーナ

メント進出を決めた2002年日韓大会。

ベルギー戦の鈴木隆行の同点ゴールも衝撃でした。

この年3歳だった娘が親戚の家でネズミのとりもちに

足を取られ身動きが取れなくなってもがいている姿

を目の当たりにし、皆で大笑いしてました(^^)

 

日本代表が初出場、こちらも岡田ジャパンでバティ

ストゥータのゴールに格と歴史の違いを見せつけら

れた1998年フランス大会。

この年の10月に結婚し、「すんません」という言葉

を覚えました。

 

日本がドーハの悲劇で出場を逃した1994年アメリカ

大会、ロベルト・バッジョがPKを外した瞬間が

脳裏に焼きつきました。

この年は私も社会人サッカーチームに入り、彼女に

振られたばかりの心の隙間を埋めるべくサッカーに

没頭してました。

 

西ドイツがマテウスクリンスマン、フェラーなど

盤石のタレントでアルゼンチンにリベンジをした

1990年イタリア大会。

この年に「イカ天」の放映が愛媛でもスタートし、

ボーカルのTAKUちゃんが西条出身のTHE FUSE

活躍に心躍らせてました。

www.youtube.com

↑若い(^^)

 

1番思い出深いのが、1986年メキシコ大会。

マラドーナルンメニゲプラティニ。スーパース

ター目白押しで、神の手や5人抜きゴールなど、

マラドーナの大会となりました。

この年西条北中サッカー部で、カンガルー生地の

「パラメヒコ」というプーマのスパイクに誰もが

憧れてました。私はお金がないので「スーパーボン

バーⅡ」でしたが(^^;;

 

前の年の年末のトヨタカップでのプラティニの幻の

ゴール、グランドでみんな真似してました^^;

www.youtube.com

6月はサッカー絡みのネタが増えそうです(^^)

広告を非表示にする

さいじん会

f:id:masanori-kato1972:20180526104812j:image

アーノルドシュワルツェネッガーではありません。

同級生の金やんです。

 

昨日は「さいじん会」という西条小学校の同級会が

ありました。年2回程度開催されます。

さいじん会の名前の由来は、西条小学校が昔、

西條尋常小学校と言う名前で、地域の方から「さい

じん」と呼ばれてたからです。

 

金やんは小中と同級で小さい頃よく遊んでました。

5、6年と月組の故芥川先生のクラスです。

芥川先生はトワ・エ・モワの芥川澄夫さんの実の

お兄さんです。

授業中よく「わしの弟はトワ・エ・モワなんじゃ。

札幌オリンピックのテーマソング歌いよったん

ぞ、知らんか?」と喉をほって言ってました。

生まれる前の歌知らんがな^^;

 

芥川先生はめちゃくちゃ厳しかったけど、

すごく温かく、本当にええ先生でした。

昨日も金やんと、「芥川先生のクラスでほんまに

よかったのお」って言い合ってました。

45歳超えてオッサンになっても先生はいつまでも

私たちの心の中で先生なんですね。

 

f:id:masanori-kato1972:20180526110449j:image 

魚屋町の重鎮、和志がいつも手作りのカレーパンを

仕込んできます。

持ち込みのそれを揚げてくれる優しいお店が

 

f:id:masanori-kato1972:20180526110617j:image
f:id:masanori-kato1972:20180526110622j:image

さいじん会のホームグラウンド、酒菜処ひろん家

西条YEG All Out委員会の曽我部裕之君です。

音楽とサッカーと釣りが好きなナイスガイです(^^)

串カツと石鎚の緑ラベルが美味しい、ひろん家を

皆さん、ひとつよろしくお願いします(^^)

 

f:id:masanori-kato1972:20180526111127j:image
f:id:masanori-kato1972:20180526111119j:image
f:id:masanori-kato1972:20180526111123j:image
f:id:masanori-kato1972:20180526111115j:image
f:id:masanori-kato1972:20180526111132j:image

「朝な夕なに仰ぎみる」

校歌もみんなで3番まで歌いました。

みんな何歳になっても心の友です(^^)

広告を非表示にする

西条の新しい経済の扉

昔あった西条の名店の中で噂には聞くが行った事が

ない所があります。

 

1つは天ぷらうどんの天ぷらが独特で溶けるような

味わいで人気だった「天久」。広島銀行の向かいで

今の「ごかく」の所にありました。

 

まだ中学の時、友達から「天久の大将が作る天ぷら

は作り方を聞いても誰にも絶対教えてくれんらしい

よ」という伝説を聞いて行ってみたかったんですが

結局行けずじまいで天久も閉店してしまいました。

 

もう1つは、おでんが有名だった「赤丹」。

紺屋町の大屋レストの並びにありました。

「おでんを勝手に取りよったら、その手をパシンと

叩かれ、勝手に取るな、と大将に怒られる」など

赤丹の伝説については親父世代が喉をほった様に

語ってくれます。その赤丹も今はありません。

 

先日の日曜日、松山で昼間少し時間があったので

市駅前でちょっと一杯飲める所を探してると、

ビビッと電撃が走りました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180525105538j:image

「名物おでん赤丹」。

西条の赤丹と何か関係あるのだろうか?

吸い寄せられるように店内へ。

 

f:id:masanori-kato1972:20180525105607j:image

たぶん90近いおばあちゃんが息子さん夫婦と店を

切り盛りされてて、かなりの老舗です。

西条の赤丹とは関係ないそうです^^;

 

f:id:masanori-kato1972:20180525105636j:image
f:id:masanori-kato1972:20180525105641j:image

おばあちゃんが「里芋いるで?イイダコ出来たよ」

と、どんどん取ってくれて、昭和の香りが残る素敵

なお店でした。おばあちゃん、また行くけんね。

 

f:id:masanori-kato1972:20180525105501j:image

そして西条の飲み屋街にあの店が帰ってきました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180525110609j:image

やさしさ紙芝居で帰ってきた北野先生のように。

 

養老乃瀧西条店が閉店してから、西条の飲み屋街は

少し寂しくなりましたが、メニューも増え、より

グレードアップした、新しい養老乃瀧西条店として

帰ってきてくれました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180525110953j:image

早速昨日、役員会の懇親会で行きました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180525111342j:image
f:id:masanori-kato1972:20180525111351j:image
f:id:masanori-kato1972:20180525111401j:image
f:id:masanori-kato1972:20180525111356j:image
f:id:masanori-kato1972:20180525111336j:image
f:id:masanori-kato1972:20180525111347j:image

また西条に元気と活力が戻ってきました。

安(兄)ちゃん

f:id:masanori-kato1972:20180524090824j:image

西条市は名水百選にも選ばれた「うちぬき」と

呼ばれる地下水が有名で、水が美味しいです。

そんな西条に20年前、「アサヒビール四国工場」

がやってきました。

 

工場見学もできるビール工場に出来たての生ビール

を味わえるアサヒビール園があり、市外からも

たくさんのお客さんが足を運んでくれています。

 

そんな西条の顔とも言えるアサヒビール四国工場を

応援する会「アサヒビールほろにが会」が昨日、

アサヒビール園で開催されました。

YEGの会長は毎年ほろにが会の幹事に任命され、

私も今回十数年ぶりにほろにが会に参加しました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180524091004j:image

アサヒビール園の生ビールはほんと美味しいです。

工場直で新鮮だからでしょうか。

西条の飲食店や酒屋さんには、その新鮮なビールが

いち早く届き、提供されます。

西条のアドバンテージの1つです(^^)

 

f:id:masanori-kato1972:20180524091658j:image

会場に着くと安ちゃんが席を空けてくれてました。

安ちゃんは兄ちゃんではありません。

私より1歳年下です。中学高校の後輩です。

他にも西条YEGメンバーがいないか探すと、

 

f:id:masanori-kato1972:20180524093019j:image

ブルゾン美里WITH Bの

愛媛銀行西条支店

きぶし委員会の橋本庸平君。

 

f:id:masanori-kato1972:20180523220811j:image

これ全部で8000円ですか?でお馴染みの

伊予銀行西条支店

All Out委員会の竹林佑記君。

 

f:id:masanori-kato1972:20180524093103j:image
f:id:masanori-kato1972:20180524093107j:image
f:id:masanori-kato1972:20180524093111j:image

事務局より大澤さん、木根さん、日野課長、

OB連絡協議会の先輩も多数いらっしゃいました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180524093400j:image

毎回恒例の大抽選会が行われ、

 

f:id:masanori-kato1972:20180524093434j:image
f:id:masanori-kato1972:20180524093439j:image

この2人が何かいただいて帰りました。

 

安ちゃんにはいろいろ気にかけてもらい、いつも

サポートしてもらってます。

私が会長になれたのは安ちゃんのおかげと言っても

過言ではありません。

安ちゃんが側にいないと、私は鎧を着ていない

さまようよろい」になってしまいます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180524094948j:image

↑こんなやつ

 

いつまでも変わらぬ愛を 西条YEGに届けてね(^^)

広告を非表示にする

DASH観音寺

f:id:masanori-kato1972:20180522210543j:image

昨日は現場が観音寺でした。顧客で観音寺に店舗を

持つ会社が2社あり、年に5・6回は来ます。

観音寺市西条市と同じく官公庁が集中してて、

JRの普通列車観音寺駅発着、伊予西条駅発着が

多いし、街並みもどこか親近感が湧きます。

 

嫁が小さい頃、あまり旅行とかに連れて行ってもら

えなくて、今は亡き親父さんに「観音寺競輪」に

バスで連れていってもらうのが唯一の楽しみだった

そうです。当時は歌手のステージなどもあって

お祭りみたいで楽しかったとよく言ってました。

 

大野原インターを降りると、結婚当初まだ元気

だった親父さんがよく回転寿司に連れて行ってくれ

て、一緒に日本酒を飲んだのを今でも思い出します。

その頃、車のMDプレイヤーはCharaでした。

 

www.youtube.com

 

さて、そんな愛着がある観音寺で現場の昼休みに

食べに行くのがだいたい、

f:id:masanori-kato1972:20180522213939j:image

カレーハウスCoCo壱番屋 観音寺本大町店です。

 

ちなみに西条でカレー、いや、カリーと言えばここ

f:id:masanori-kato1972:20180522214855j:image

西条市吉原通り ラブクレープを西ニ入ル。

「POGO CURRY」

 

f:id:masanori-kato1972:20180522215641j:image

マスターは「カリーレインメーカー」、

西条YEGえんりゅう委員会の岡田季久君です。

 

f:id:masanori-kato1972:20180522215921j:image

メニューはおまかせカリーのみ。

ただ、炙りチーズをトッピングできたり、

辛さや量をえらべたりします。

 

f:id:masanori-kato1972:20180522220317j:image

店内はアバンギャルドでオシャレな雰囲気で、

女性客も多く、市外から足を運ぶ方もいます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180522214308j:image

複数のCURRYをブレンドした「おまかせCURRY」

1度食べたら忘れられない味です。

 

詳しくは「pogoの何気ナイ感じ」ブログで(^^)

ameblo.jp

 

しかし、観音寺ではPOGO CURRYがないので

ここのココイチによく行きます。

f:id:masanori-kato1972:20180522221132j:image

宅配のトラックがわりあい古くて味があります。

 

f:id:masanori-kato1972:20180522221213j:image

メニューを見なくても注文する物が決まってます。

最近は、「ネバネバ三昧カレー、温玉トッピング、

ご飯200g、4辛、ウスターソース持ってきて」です。

ただ今日は何となく初めて5辛に挑戦してみました。

 

4辛までは順調に進んできて、5辛に挑戦するまでに

足掛け3年ほどかかりました。なぜかと言うと、

辛さの表をみていただければ分かるように、

3辛が1辛の4倍、4辛は1辛の6倍、5辛になると

1辛の12倍と辛さが一気に超越するからです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180522222220j:image

1口目を口に入れた瞬間、鼻から辛さが飛び出しそう

な感じで、明らかに4辛とは違う感じで、カレーの

美味しさをあまり楽しめない感じでした。

次からは4辛に戻します^^;

 

夜家に帰ると嫁が大阪から帰ってきてました。

 

そしてまたチャンネルの選択権を失いました。

広告を非表示にする

20時半のスーパーマーケット

大阪にいる娘のところに行ってる嫁が、

昨日帰ってくるものだと勝手に思い込んでいて、

仕事の用事を頼もうと電話すると、

「新喜劇見に行くけん火曜日に帰ろわい」と。

 

おっと。今日も晩飯の段取りせないかんやん。

息子が帰ってきたらスシローでも行こうかなと

思って待ってたら、待てど暮らせど帰って来ない。

たぶん塾か友達と飯行ったか。

 

しゃーない、とりあえず自分の飯買いに行こかな。

息子は保存がきくペヤング超大盛でも買っとくか。

ということで、近所の大型スーパーに買い出しに。

 

小さい頃は近所にスーパーというか小さな食料品店

があり、そこにかなりの品揃えはあったのですが、

だいたい肉屋に米屋に魚屋に酒屋にパン屋と

それぞれの専門店で買い物してました。

買いだめする時は大屋やTナンカイでしょうか。 

 

今はそれが全て揃ったスーパーマーケットが複数

あり、便利な世の中になった反面、専門店が減り、

店主や店のおばちゃんと何気ない会話をする機会が

減ったのが何となく寂しい感じがします。

 

時間は20時半、次の日は燃えるゴミの日やし、

ゴミは出ても極力洗い物をしたくないのでまずは

刺身のコーナー。若干の人だかりが出来ている。

何だろうと覗きこむと鯛の刺身に半額のシールが。

60代くらいのおいちゃんが躊躇なくカゴに放り込む

のを見て衝動的に購入しました。

 

次に出来合いの惣菜コーナーへ。

すべての弁当に半額以下の値札が付いている。

カレーライスに至っては衝撃の108円。

 

ただ、ここで弁当を買うと一発で腹一杯になり、

せっかくのマンガを読みながらダラダラ飲みからの

アテを食すという、一人のまったりタイムを過ごす

私の勝利の方程式?が狂ってしまう。

 

アテになり且つゆっくりとお腹を満たす私の

ベストチョイスを求めて。

揚げ物だったら稲ちゃん家の前のセブンイレブン

の方が揚げたてで美味しそうやし、

焼き魚や煮魚はわりあい大きくて、

好きなアテをちょっとずつたくさん食べたい

と言う私の欲求を満たしてくれない。

 

迷いながら惣菜コーナーの辺りをうろついていると

たぶんいつもこの時間に晩飯と酒を買って帰るので

あろう、常連らしき作業着を着たメンズが多い。

 

「常連の彼等が選ぶ惣菜に間違いはない」と踏んで

じっと観察していると、迷うことなくレバニラを

手に取るお兄ちゃん発見。

見た感じ製造業独身で酒飲み。(偏見ですね^^;)

「こいつは間違いない」と思い、追随してレバニラ

を買いました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180522010004j:image

手巻き1本、鯛の刺身、レバニラ、鯖缶、酒。。。

独身男っぽいしょーもない買い物をしてしまった。

だいぶ荒んでます。黒沢感を醸し出してます。

 

一人で飲んでると程なくして息子が帰ってきたので

ペヤングと買ってきた刺身を分けて食べました^^;

 

少し嫁の有り難みを感じた夜でした。