カトーのオモロいブログ

カトちゃんです。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

冷たくしないでよ

お盆休み前の今日、日中の猛暑が半端なかった。

 

久しぶりに穴掘りして、フラフラ。

 

 

これは、昼は冷麺的なやつしか食えねえ。。。

 

涼を求めて現場近くのサッポロラーメン神拝店へ。

 

 

が、メニューに無い!

 

冷麺とか冷やし中華とか冷やし系のやつが!

 

 

やむなくタンメンを注文する事に。

 

しかも、メチャ辛い辣油的なやつを、ようけかけて

しもてからに、、、

 

めちゃ喉渇く。。。

 

その後現場に戻って、ペットボトル何本飲んだだろ

うか?

 

f:id:masanori-kato1972:20200814000959j:image

そんな時、何気に白石会長ブログを見ると、

 

サッポロの冷麺!

 

 

あるんかーい!

 

 

今日の決まり手!

 

肩透かし!

I DON'T WANT TO MISS A THING

ドラクエシリーズ、特に5と6は、ラスボス撃破前に

少しモタる。

 

5は、より有能な仲間モンスターを仲間にしたくて

フィールドをさまよい、

 

6は熟練度上げで魔術師の塔をさまよう。

 

熟練度上げで言えばFF3も似たようなもんかな?

 

とりあえず主人公がレベル39になったのでそろそろ

ラスボスを蹴散らしといたろか!

 

などと思い、

 

f:id:masanori-kato1972:20200812211820p:image

ファーストラスボスの中では最強説がある、

デスタムーア、まずは第1形態、楽勝!

 

f:id:masanori-kato1972:20200812212725p:image

第2形態、ケナイ、ケナイ!

 

f:id:masanori-kato1972:20200812213025p:image

いよいよ最終形態!

 

f:id:masanori-kato1972:20200812213145p:image

バイキルト+正拳突きからのマダンテマダンテ

 

f:id:masanori-kato1972:20200812213221p:image

レベル39くらいだと、中ボス並みなんやけど、

これが36だとかなり苦戦する。

 

たったレベル3つの差が、

大きな差。

 

今の自分を見てるみたいだ!

感電

自分が自分の頭で、

 

自分の考えで、

 

自分の経験値で、

 

いくら他人に語っても、

 

いくら他人を諭しても、

 

他人は変えられない。

 

 

何故ならば、感じるポイントが違うからだ。

 

人それぞれ、その人の背景にある環境も。

 

 

それを理解した上で、様々な組織に属し、年功序列

的なご意見、ご指摘を真摯に受け止めつつ、活かし

ながら、今日を生きている人間もいる。

 

ある一定数。

 

 

それを踏まえた上で言おう。

 

 

「先輩の意見を聞こう!

 

心に効かないと思った意見でも心には留めよう!

 

ご指摘を受けて1度はチャレンジしてみよう!

 

その上でそれが正解かどうか判断して、

 

それが正解でなくても先輩のせいにせず、

 

正解なら後輩にも伝えよう!」

 

 

近頃、「」の部分が足りてない気がする!

 

 

共に生きようとするマインドで西条は成している!

 

 

先輩の言うことは素直に聞いて、

 

自らの心に真っ直ぐ効かせよう!

 

 

 

今日の夜食!

 

f:id:masanori-kato1972:20200810201208j:image

締めに隣の麺処の味噌つけ麺!

 

 

先輩からの忠告!

 

締めには、ちょい、重いぞ!

泣いてもいいんだよ

今治のお寺の道路標識リニューアルも今日で最後。

 

今日も銀色のペンキもぶれ(西条弁?)になった。

 

暑かった。

 

途中から集中力も欠けてくる。

 

 

今日から盆休み!的な家族連れの車が通るたび、

 

何故かやるせなさを感じる。

 

 

 

ここ数日でメンタルも君に近付けたかも知れない。

 

 

 

今日のドラクエ6 。 

 

f:id:masanori-kato1972:20200808235524p:image

デスタムーア城のメタルキング

 

「鬼の連続まじんぎり」で倒しましょう!

幸せであるように

f:id:masanori-kato1972:20200807212331j:image

声を掛けづらい人、

 

声を掛けやすい人。

 

 

私は声を掛けてもらいたい派なので、

 

声を掛けてもらいやすい情報の種まきをし、

 

声を掛けてもらう人間になっていた。

 

 

それは幼少期から変わらない。

 

 

それが正しいかどうか分からない。

 

 

どちらにしても、どんな情報に左右されても、

 

自分が変わる事はない!

 

と自信を持っている自分を誇りに思っている。