2018年度 西条商工会議所青年部会長ブログ

第37代会長の加藤正法です。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

それぞれの道

f:id:masanori-kato1972:20180714171445j:image

昨日は、四国ブロックYEG連合会役員会が高知サン

ライズホテルで開催され、第1副会長の高瀬どんに

代理で出席してもらいました。事務局も所用で出席

出来なかったので一人旅だったそうです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180714171758j:image

昼飯はやっぱりここか(^◇^;)

 

f:id:masanori-kato1972:20180714171837j:image

間違いないやつや。

 

f:id:masanori-kato1972:20180714172016j:image

3年後西条YEGから四国ブロック代表理事を選出し、

四国ブロック会員大会を主管する予定なので、四国

ブロックの役員会の運営や雰囲気を学んできてもら

うため、参加していただきました。

 

3年なんてあっという間です。

今から準備出来る事は準備して、西条YEGみんなの

力で乗り越えて行かなければなりません。

いよいよ未来を見据えて動き始めました。

 

さて、私はと言うと昨日の夜15年ぶりくらいに、

オレンジフェリーに乗りました。

f:id:masanori-kato1972:20180715103306j:image

f:id:masanori-kato1972:20180715105630j:image

f:id:masanori-kato1972:20180715103323j:image

世界の小川、略してセカオガは昨日が38歳の誕生日

だったそうです。津島委員長がサプライズでケーキ

を買ってプチ誕生日会を開きました。

 

南港に到着し、バスに40分揺られて関空へ。

f:id:masanori-kato1972:20180715104625j:image

西条YEG史上初の海外視察研修事業、WORLD委員会

による「世界から見る西条!」タイ・バンコク視察

研修に出発します。

企業視察、日本人学校訪問とスケジュールはタイト

ですが、西条の活性化に繋がるヒントを探しに世界

に羽ばたいてきます。

 

石川裕君へ、

f:id:masanori-kato1972:20180715105751j:image

f:id:masanori-kato1972:20180715105801j:image

チクっときますが、嫁はん行く前から高い買い物し

よったよ(^◇^;)

 

f:id:masanori-kato1972:20180715111051j:image

タイのイメージ

 

f:id:masanori-kato1972:20180715105926j:image

f:id:masanori-kato1972:20180715105934j:image

行ってきます🇹🇭

西条市版SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)

昨日、西条市版SIB(ソーシャル・インパクト・ボン

ド)出資者向け説明会が西条市役所にて開催され、

西条YEGメンバーの愛媛銀行橋本課長に誘われて参

加しました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713201800j:image

これは西条市、株式会社愛媛銀行、プラスソーシャ

ルインベストメント株式会社の三者が連携し、地域

資源の活用や新たな産業の創出の喚起などを目的と

して、西条市における特産品開発事業や商業地域等

活性化事業などの分野で、新たなチャレンジをする

事業者を市民が投資という形で応援するという取り

組みです。

 

ハア、ハア、難しい内容でテンパってしまいました

が、多分要するに、西条市の産業版クラウドファン

ディングみたいなものです。詳しくはウェブで↓

http://www.en-try.jp/feature/ehime-saijo-sib/

 

f:id:masanori-kato1972:20180713201749j:image

西条YEGの「とりや福」福田晋一郎君のプロジェク

トが商業地域等活性化事業として採択されました。

 

地域の賑わいを生み出すべく、ランチタイム営業を

開始し、地元の海老、海苔等をふんだんに使用した

ラーメンや地元食材を使用した定食を販売するとい

うプロジェクトです。地元の漁業の活性化や雇用の

創出も目指してます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713202943j:image

昨日の出資者向け説明会には余吾事務局も参加、

一緒に福田君のプレゼンを聞きました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713203117j:image

なぜ、ラーメンなのか、また、地元食材を使用する

こだわりの理由が紹介され、熱くプレゼンを行なっ

ていました。

 

この他、特産品開発事業で「酒ダイニングつじ丸」

さんのはだか麦野菜スイーツ拡大プロジェクトと、

株式会社PENTA FARMの完熟果物ソース商品化プロ

ジェクトの計3件の事業が今回採択されました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180714094000j:image

f:id:masanori-kato1972:20180714120541j:image

f:id:masanori-kato1972:20180714121139j:image

今回西条市の新しい取り組みに率先してエントリー

した福田君は素晴らしいと思います。

まさに西条YEGメンバーとして、西条の経済活性化

のため、西条を愛し、想って行動しています。

 

1口2万円出資金目標50万円の「とりや福」の挑戦、

みんなで応援しましょう。

YEG運動Dayを通じて経済の扉をこじ開けよう

いよいよ、2018年度西条YEG All Out委員会による

委員会事業がスタートしました。

 

事業名称

「YEG運動Dayを通じて経済の扉をこじ開けよう」

 

f:id:masanori-kato1972:20180713091601j:image

身体能力の低下により日々の業務の仕事量が減少す

ることを防ぐ。また筋トレや運動中で自分を追い込

む継続力と精神力を高めメンバー一人一人の新しい

肉体の扉を開け経済の発展に繋げall outする。

という事業目的のもと7月から来年3月まで、月3回ペ

ースでメンバーで筋トレや運動を行うというYEGに

よる画期的な経済活性化事業です(^^)

 

f:id:masanori-kato1972:20180713090259j:image

f:id:masanori-kato1972:20180713092304j:image

まずはカラダスキャンで自分の体重、体脂肪、身体

年齢やBMIなどを測定、それぞれ3か月後、3月末ま

での目標を定め、トレーナー役の曽我委員長の指導

の元、筋トレを開始しました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713091702j:image
f:id:masanori-kato1972:20180713091710j:image
f:id:masanori-kato1972:20180713091707j:image

とにかくお腹をヘコませたい、マッチョになりたい

邪な欲望も見え隠れしつつ、日々の運動不足を肌身

に感じながらトレーニングを続けます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713092050j:image

ベンチプレス60キロをこなす猛者もいます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713092202j:image

曽我トレーナーがメンバーを巡回し、トレーニング

器具の使用方法とトレーニングで意識する点を指導

してくれます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713092412j:image
f:id:masanori-kato1972:20180713092416j:image

とにかく自分を追い込みます。

限界の向こうに経済の扉をこじ開ける強靭な肉体を

手に入れるという崇高な目標があるからです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713092627j:image

これは多分間違ってます。

 

これから来年3月まで、月3回のトレーニングと普段

の意識改革で、どれだけYEGメンバーの肉体の扉が

開かれるか楽しみです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713092952j:image

いつものパターンだと帰りに居酒屋で懇親会ですが

事業の趣旨を鑑みて、ここは、セブンイレブンのイ

ートインでハイボールでサラダチキンです。

(結局飲むんかい)

 

f:id:masanori-kato1972:20180713095604j:image

f:id:masanori-kato1972:20180713093450j:image

曽我トレーナーに怒られないため、「健康的なつま

み食べてます」アピールです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180713093813j:image

たまたま買い物に来たメンバーの松田君の目が少し

冷ややかに感じました(^◇^;)

 

今朝、今までつったことない部位がつって、のたう

ち回りました。

大洲良いとこ

f:id:masanori-kato1972:20180711212650j:image

西条YEGのメンバーから豪雨災害の支援物資を西条

YEG事務局に集めて、昨日の午後、中継していただ

ける今治YEG事務局に届けました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180711213717j:image

f:id:masanori-kato1972:20180711213730j:image

西条YEGでは、水2L6本入50箱
茶・スポーツドリンク等2L6本入36箱
その他、マスク・手袋・紙コップ・紙皿・ウェットティッシュ・タオル・紙おむつ・カッパ・おしりふき・ナプキン・Tシャツなどが集まりました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180712103711j:image

今回、YEG愛媛県連で災害緊急連絡網を開設し、

支援物資を募りました。

 

西条YEGは新居浜YEGと共に今治YEGに物資を届け

先程伊予灘パーキングで今治YEGの運搬チームと

宇和島YEGが合流したと連絡がありました。

今後この支援物資は宇和島YEGから必要な地域へ

配られる予定です。

 

昨日物資を運びながら少し大洲の事を考えました。

大洲の思い出と言えば、JCの四国地区大会や愛媛ブ

ロック大会、愛媛ブロック協議会でお伺いした記憶

しかありません。

 

一度大洲城で大懇親会が開催されましたが、大洲で

懇親会と言えば大体はこれでした。

 

f:id:masanori-kato1972:20180711215733j:image

f:id:masanori-kato1972:20180711215751j:image

伊予小京都、大洲の鵜飼。

確か、この「うめたこ」って言う船に乗りました。

ビールは瓶ビールでオードブルを食べながら鵜飼を

鑑賞する経験を3〜4度させていただきました。

わりあい風流です。川面を流れる涼しい風が気持ち

よかとです。

 

f:id:masanori-kato1972:20180711220531j:image

こちらのいもたきが元祖だとお聞きしてます。

西条では加茂川のいもたきですが、

大洲の元祖肱川のいもたき。

 

f:id:masanori-kato1972:20180711220128j:image

一度行ってみたいです。ライトアップされた大洲城

が綺麗で何ともロマンチックです。

味は?具材は?興味深々です。

 

大洲良いとこ、

落ちついたら必ずみんなで遊びに行くけんね。

私たちは仲間を信じ、故郷を想って行動する。

f:id:masanori-kato1972:20180710214749j:image

f:id:masanori-kato1972:20180710214759j:image

西日本豪雨災害から3日が経ち、西条市でも昨日から

市役所と支所にて義援金の受付を開始しました。

そして今日からは被災地に向けての支援物資の募集

を開始します。

 

f:id:masanori-kato1972:20180710224939j:image

現在大洲市ではウェブサイトにて「災害支援ふるさ

とチョイス」と言う寄附の受付もしています。

こちらにも積極的に協力していきたいと思います。

 

これまでYEGでも、愛媛県連単位でまとまって情報

を収集し、必要な物資を迅速に被災地に届けられる

よう努力してきました。

 

西条YEGはメンバーからペットボトルの水やお茶、

紙コップ、紙皿、マスク、ニトリルグローブなどが集

まり、明日、今治YEGの事務局に持ち込み、一緒に

届けてもらえる段取りになりました。

 

SNSなどでは連日、救援物資を届けたり、復旧作業

を手伝う投稿が多数上げられています。そんな中、

メンバーから、「今他に何か出来る事はないか」

という心からの声を聞いて、もどかしい思いをして

いますが、この後はどの様な支援がベターなのか。

被災地の状況も見ながら、しかるべきタイミングで

出来るだけの支援をしたい思います。

 

www.youtube.com

そんな中昨日、日本商工会議所青年部 内田茂伸会長

による西日本豪雨災害に関してのビデオメッセージ

がFBページで配信されました。

 

拝聴して少し勇気が湧きました。

 

全国のYEGは心からの連帯で繋がっています。

被災地で踏ん張っている仲間がいて、仲間を想う各

地のメンバーがいます。

 

今、私たちは仲間を信じ、故郷を想って行動する。

そんな決意を胸に共に困難に立ち向かいましょう。

元気があれば何でもできる

西日本を襲った豪雨災害により日に日に犠牲者の数

が増えていっている事に心を痛めています。

大きな爪痕を残した今回の災害ですが、民間レベル

の迅速な動きにより、救援物資もかなり集まったと

聞いてますし、救援ボランティアの募集が開始され

たり、徐々にみんなの想いが形になりつつあるよう

に思います。ただ、断水している地域は給水タンク

車で生活用水が配給されていますが、慢性的に飲料

水などが不足しているという情報を聞きます。

 

f:id:masanori-kato1972:20180710101023j:image

YEGでも被災地に何かお役に立てる事はないかと、

愛媛県YEG連合会に所属する9つの単会の会長、運営

専務、事務局で、「愛媛YEG災害緊急連絡網」とい

うライングループを立ち上げ、被災地に今何が必要

か、情報を集め、支援に向けて動き始めていて、

まずは飲料水が不足しているという事で、現在、各

単会でペットボトルの水またはお茶を募り、被災地

に送る段取りをしています。

 

 

f:id:masanori-kato1972:20180710103421j:image

f:id:masanori-kato1972:20180710104149j:image

昨日、西条YEG7月度定例会があり、水の提供を呼び

かけ、西条YEGの事務局にもメンバーからペットボ

トルの水やお茶が集まり始めました。

今後も出来る限りの支援をしきたいと思います。

 

昨日は、知り合いが被災されたりして落ち込んでい

るメンバーもいましたが、会長挨拶で、「この様な

大きな災害が起こり、被災された方々の心情を鑑み

て、私たちも心を痛めています。ただ、今私たちがす

べき事は、しっかりと仕事をし、YEG活動をして、

被災された方々を勇気づける、元気になってもらう

事です。」と伝えさせていただきました。

 

西条を想い、愛媛を想い、四国を想い日本を想う。

私たちYEGは地域を想う連帯の絆で繋がっており、

地域を支える青年経済人として、各自、今以上の強

さを持って、困難に立ち向かっていきましょう。

 

「元気があれば何でもできる」

 

FBページ「生まれも育ちも大洲です」

f:id:masanori-kato1972:20180708171144j:image

f:id:masanori-kato1972:20180708171156j:image

愛媛県内で記録的な豪雨による被害が多数報告され

る中、先行して救援物資を届ける動きがありまし

た。松山では昨日からストハンでもお世話になって

いるライブハウス、W studio REDさんが救援物資

の受け入れを始めました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180708171315j:image

f:id:masanori-kato1972:20180709074929j:image

f:id:masanori-kato1972:20180709074939j:image

西条でもYEGメンバーの「ひろん家」の曽我部君が

呼びかけ救援物資を集め一色君、岡田君と共に、昨

夜、Wstudio REDさん経由で中継所の八幡浜市役所

まで届けてくれました。ここから大洲へ運ばれるそ

うです。ありがとうございました。

 

f:id:masanori-kato1972:20180708171550j:image

支援物資の受け入れ先に関する情報も上がってき

て、支援物資が現地に到着し始めたとの報告もあり

ました。今後も引き続き支援の輪が広がり、少しで

も被災者の方の手助けになるよう、情報の共有や拡

散をお願いします。

 

f:id:masanori-kato1972:20180709003530j:image

大洲市宇和島市吉田町、西予市野村町などがこの

豪雨により甚大な被害を受けています。現在SNS

詳しい情報がどんどん上がってきていますが、フェ

イスブックの友達からも多くの被害情報が寄せられています。

 

f:id:masanori-kato1972:20180708173201j:image

大洲YEGメンバーで私と同期専務の中川雄一君から

昨日自身の無事の報告と共に、「フェイスブック

ージ「生まれも育ちも大洲です。」で現在大洲の情

報を集めているので、大洲の今の状況を確認したい

方、是非御覧ください。」との投稿がありました。

 

前々から中川君や土居さんなどFB友達の大洲YEGメ

ンバーがシェアしていたこのフェイスブックページ

にマスコミが報道しきれてない生の情報がどんどん

上がってきています。

 

私たちに出来る事は、情報の共有と拡散、そして心

からの支援です。出来る事から始めましょう。

愛媛の仲間、四国の仲間はみんな家族です。