カトーのオモロいブログ

カトちゃんです。本業は看板屋です。ありのままの自分をさらけ出したいと思います。

ザ☆ピ〜ス!

祭日明けの月曜日は慌ただしかった。

 

f:id:masanori-kato1972:20211018210340j:image

理由はこれだ。

 

衆議院議員総選挙最高裁判所裁判官国民審査

 

市関係の選挙と違い県関係の選挙や国政選挙は

東予地方局管内(今治、西条、新居浜、四国

中央)まで投票啓発の看板を設置する。

 

しかも告示前日の1日で。

 

二手に分かれ分刻みでギリギリのスケジュール

をこなした。

 

衆議院の場合は解散があるので、不意に上の方

で日程だけを決められ、県の担当者は見積もり

からデザインの決定まで果てしなくタイト。

 

多分、毎晩遅くまで残業しているに違いない。

 

見ていると悲壮感しか無い。

 

だから、出来るだけギリギリまで待つ。

 

空気を読んで急かさず、せっつかない。

 

デザインが決定し、発注が来たのが水曜日。

 

そこから今日の取り付けに間に合わせた。

 

 

父親の代から家族総出で作った選挙の看板。

 

次の世代に繋げていきたい、ルーティンだ。

桜坂

遠征などに行くとだいたい疲れ果てる。

 

腰や肩、色んなとこに支障をきたし、

 

体がだる重になって帰ってくる。

 

 

 

 

自業自得やん?

 

って、思う人もいるかも知れない。

 

 

それでも、また次も行きたくなる。

 

 

何故なら、自分が楽しいのではなく、先輩方が

楽しそうにしているシチュエーションを作り出

せている空間に自分も居て、それを心から理解

し共に行動してくれる仲間がいる状態が楽しく

てたまらないからに他ならない。

 

もちろんその日、その時、その場所に居ないと

その感情は味わえない。

 

分かっているからこそ当然のようにその場所に

存在する。

 

 

 

 

西条という保守的な街の中では、身内以外の

若い芽の事が上層部に認識されるまですごく

時間がかかる。

 

若者と年長者との接点も少ないので、余計に

心の距離が離れる。

 

だからこそ、敢えて自ら先輩方との距離感作り

で模範となり、自分の後輩たる若い子に背中で

見せる。

 

f:id:masanori-kato1972:20211018002113j:image

そんな存在は周りに居そうで居ない、貴重且つ 

これから先、西条に絶対に必要な人材だ。

チューリップ

f:id:masanori-kato1972:20211017072826j:image

おはようございます。

 

高知県芸西村に位置する、オーシャンビューが

映えるこのホテル。

 

周りに華やかな歓楽街は存在せず、宴会後は

大人しくホテル内で過ごした。

 

ただ名物の露天風呂があり久々にサウナからの

露天というローテで疲れた体を癒せた。

 

こうやって外泊した翌朝は、少し寂しい気持ち

になったりする。

 

 

 

家のベッドが恋しいのか、

 

何かを後悔しているのか、

 

もっと愛が欲しいのか。

 

 

 

わからない。

 

 

色々と自問自答していると、早く次の目的地へ

と旅立ちたくて、ソワソワしだす自分がいる。

 

 

旅を満喫出来ないタイプなのかも知れない。

 

 

 

f:id:masanori-kato1972:20211017081412j:image

旅を満喫出来るタイプの彼のアテンドを挟み、

次なる目的地、香川へ!

哀愁のカサブランカ

行きの車の中で大先輩から聞いたのは、コロナ

禍になる前に行った旅行の話だった。

 

友人たちが御存命の頃には年2回、グアムやタ

イ、フィリピン、マカオなどに行ってたと。

 

海外にそこまでの頻度は中々難しいと思うが、

これだけ旅行から離れると、やはり恋しくな

る。

 

f:id:masanori-kato1972:20211016175705j:image

いつか行った思い出の旅行。

 

気のおけない仲間とだから楽しいし、思い出も

たくさん作る事が出来る。

 

 

f:id:masanori-kato1972:20211016181323j:image

今は遠くへは行けないが、近いとこから、ぼち

ぼちと。

 

というか、グリーンが遠い!

 

今日は南国土佐。

 

f:id:masanori-kato1972:20211016182821j:image

大人しめに、楽しもか。

気分爽快

YEGやJCなど卒業のある青年の会では、入会し

たての頃はだいたい最年少だった。

 

役員は親世代の大先輩ばかりで、基本、チヤホ

ヤされ、可愛がってくれた。

 

私はどちらかと言えば飛び道具系。

 

先輩たちのおかげで、のびのびと自分の個性を

発揮できた。

 

 

 

遠征とかに行くと当然、若いしが運転手な訳だ

が、西条に帰ってから飲み代を奢ってれて、そ

れはそれで楽しかった。

 

 

 

 

それが今では最年長。

 

 

 

 

最近の若者とは話が合わない。

 

って言うか、隙を見せてくれない。

 

自分をさらけ出さない。

 

私を汚いものを見るような目で見てくる。

 

 

 

気のせいか^^;

 

 

時代は変わった。

 

f:id:masanori-kato1972:20211016125659j:image

でも、やはり先輩の話は楽しい!

 

今からの人生が楽しみだ。

さくらんぼ

昨夜のお釣りの件は私の勘違いだった。

 

今朝、よくよく財布の中身を確認すると、残額

が合っていた。

 

お金を渡した瞬間からお釣りを貰うまで記憶が

飛んでいただけ。

 

情け無い話です。

 

店主を少しでも疑ったバチなのか、夜中からと

ある現象が私を悩ませた。

 

f:id:masanori-kato1972:20211015205216j:image

リンゴループ。

 

無限、エンドレス。

 

 

 

 

 

f:id:masanori-kato1972:20211015205807j:image

うる星やつら2ビューティフルドリーマーで、

ラムの夢の世界に引き込み、永遠に学園祭前夜

を繰り返した夢邪気の如く。。。

 

 

 

同じ光景が永遠に繰り返される。

 

たまらずドコモショップに電話するも、

 

祭日で臨時休業。

 

他のエリアの店も、前夜からの通信障害で長蛇

の列らしく。

 

 

終わった。

 

何もかも。

 

 

 

 

うなだれてテーブルを見ると、Wi-FiYouTube

用になっていた嫁の前のiPhoneを発見。

 

「そうか、SIMカードの差し替え!」

 

今日は祭日だが、ど平日。

 

差し替えた瞬間から電話が鳴りはじめる。

 

危ねえ、危ねえ。

 

 

眼鏡が無い!の次にどうしようもない、

 

携帯が使えない衝撃。

 

久しぶりに心が揺さぶられた。